Loading...

概要

オープン・バンキング – 顧客にとって、そして金融サービス間の競争の激化に対応するために、新たなサービスを導入し選択肢を増やすことは、規制当局の長年の夢でした。Second Payment Services Directive(PSD2)の導入は、ヨーロッパ全体でこの夢を現実のものにしました。

サードパーティ開発者は、オープンAPIを使用して、金融機関が所有する顧客データを中心としたアプリケーションとサービスを構築できるようになりました。これにより、新たなオープン・バンキングの時代が始まり、銀行およびサービス・プロバイダーの両方に興味深い課題と刺激的な機会がもたらされます。

オープン・バンキングとパートナーシップの力

アライアンス・パートナーであるアクセンチュアやマイクロソフトと幅広く提携して、オープン・バンキングから得られる機会をお客様が最大限に活用できるようにします。大手金融機関にプロジェクトの成功をもたらした直接の経験がある実務者から成る、オープン・バンキングにおける世界一流の専門家集団を擁しています。

特に優れた6人を集め、オープン・バンキングに関するホットな話題について質問しました。以下の動画から、その回答をご覧ください。

「6人」とは、アバナードのPaul BowenとMohan Naidu、アクセンチュアのAmit MallickとThomas Paar、マイクロソフトのRichard PeersとHoward Bushです。

    Azure API管理アクセラレーター

    多くの市場でオープン・バンキングが現実のものとなり、金融サービス企業は迅速に対応しなければならなくなりました。このような企業は、競合他社よりも迅速かつ効果的に新たな価値提案を打ち出し、テストして、検証する必要があります。

    そこで、アバナードとアクセンチュアはMicrosoft Azureがホスティングする独自のAPI管理アクセラレーターを構築しました。このアクセラレーターにより、企業はオープンAPIを使用した迅速なイノベーションの実現や、新たな価値提案の市場テストのほか、市場モデルを通した革新的なフィンテックへの取り組みやパートナーとの連携が可能になります。

    パンフレット

    PSD2とオープン・バンキング

    アバナード、アクセンチュア、マイクロソフトが提供する実践的なガイドをダウンロードしてください。

    ウェビナー

    バンキングの未来はここに

    バンキングの3つのビジョンと、PSD2発効後の世界のお客様の声をご確認ください。

    ブログ

    フィンテックは本当に既設の銀行の敵なのでしょうか?

    金融サービスの専門家であるPaul Bowen氏の意見は異なります。その理由をご覧ください。

    次のステップ:

    アバナードがどのように銀行のデジタルトランスフォーメーションをサポートできるか、ご説明いたします。

    閉じる
    Modal window
    Contract
    ページをシェア