Loading...

PSD2とオープン・バンキング

Second Payment Services Directive(PSD2)と英国のOpen Banking Standardは、消費者とサードパーティー製アプリケーション、そして銀行を新しい方法でつなぐ金融サービスの変革を開始しました。この変革は、規制主導のアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)と共に始まりましたが、当然の結果として銀行はより幅広いAPI経済に加わることになります。PSD2の規制では、2018年にこの基本APIレベルに準拠することを義務付けていますが、より進歩的な金融機関はこれをデジタル変革実現のきっかけとして使用します。このような金融機関は、従来の競合企業や、フィンテックの新興企業、顧客の購買行動の一部またはすべてを獲得しようと狙う他業種からの新たな参入者がもたらす新しい課題と機会を評価します。




このホワイトペーパーでは、革新の機会、およびこれが銀行業務のデジタル変革を実現するきっかけとしてどのように作用するかを探ります。銀行がPSD2の義務に対処する方法や、マイクロソフトのソリューションにより、金融機関が既存の投資を基にしてプラットフォームを構築し、将来の変化、成長、パートナーシップの機会に柔軟に対処できるよう支援する方法をご説明します。



このトピックに関する詳細については、PSD2とオープン・バンキングの録画済みウェビナーをご覧ください。いくつかのパネル・ディスカッションに加え、 Crédito Agricola社のCIO、Jorge Baião氏のインタビュー、独自のAzure API管理アクセラレータのデモンストレーションもあります。

顧客分析と洞察

個客に合わせたエクスペリエンスと的確なアドバイスを提供して銀行にお客様を引き寄せましょう。

従業員のデジタル・エクスペリエンス

従業員の生産性を向上し、ソーシャルやモバイルの活用を可能とし、豊富なデータへアクセスできる環境を用意します。

デジタル企業分析

時間や場所を問わず、強力なインテリジェンスにアクセスできます。

デジタル・マーケティング

ロイヤルティを構築し、ブランドを強化するデジタル・カスタマー・エクスペリエンスを実現します。

次のステップ

デジタル テクノロジーで銀行業務を変革する方法をご説明します。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア