Loading...

アバナードの最新 AI・分析技術とソニーセミコンダクタソリューションズ社の最新センサーでリテール業界に革新を

リテール業界は、COVID-19以降大きな変革期にあり、日々発生する各課題に対し組織全体で迅速に意思決定に基づく着実なアクションが求められています。そのためには、直接的な購買行動が見える店舗やECで、顧客の声や行動の情報をリアルタイムでデータ化し、サプライチェーンの中で循環させる必要があります。

アバナードがソニーセミコンダクタソリューションズ社、マイクロソフト社の最新技術の最新技術の融合を図り、顧客の「今」をダイレクトに知ることができる店舗のスマート化を実施します。

導入ポイント

店舗をカメラとAIでスマート化し、従業員体験と顧客満足度の最大化を図る

購買行動が多様化する中でも、店舗は消費者の購買行動を把握できる最前線であり、情報のスタート地点です。ただ売るだけではなく、顧客の行動変化を敏感かつリアルタイムに把握し対応できる体制を整えることで、より魅力的な販促活動や店舗作り、さらには無駄のない生産計画までを可能にします。

多角的な技術の組み合わせで解決する

AI 利用に最適化されたソニーセミコンダクタソリューションズ社のインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」の特性を活かした画像分析に加え、従来の会員情報・POS 情報、SNS・天気・イベントを用いたアバナードの独自 AI 技術・データ分析技術を日本の市場に準拠。多角的アプローチでのソリューション提供、店舗運営における業務への組み込み、および店舗展開までを各業態・店舗規模に合わせて支援します。

IMX500」とは、世界初*のAI処理機能を搭載したソニーのインテリジェントビジョンセンサーです

イメージセンサーに AI 処理機能を搭載することで高速なエッジ AI処理を可能にし、必要なデータだけを抽出することで、クラウドサ ービス利用時におけるデータ転送遅延時間の低減、プライバシーへの配慮、消費電力や通信コストの削減などを実現します。

                                *イメージセンサーとして。ソニー調べ。(2020年5月14日広報発表時)

お客様事例

次のステップ:

ページをシェア