Loading...

アバナード、データブリックスとの新たなグローバルアライアンスにおいてMicrosoft Azureの戦略的パートナーとして指名

2020年6月16日 -米国ワシントン州シアトル発

マイクロソフト・エコシステムにおいて業界をリードするデジタルイノベーターであるアバナードと、統合データ分析ソリューションのリーディングプロバイダーであるデータブリックスは、エンタープライズクライアントにおいてAzureデータとAIへの投資を拡大させてきたこれまでの実績に基づき、戦略的パートナーシップを締結しました。レジリエンス(回復力)とアジリティ(敏捷性)が経営幹部の間で上位の話題となっている現状を踏まえ、両社は今後、データサイエンスとデータエンジニアリングの能力を活用して、企業の業務最適化を支援することに注力していきます。

アバナードはデータブリックスの主要なグローバルパートナーになることで、提供できるAzureデータおよびAI機能を補完でき、またデータブリックスの大規模なデータエンジニアリングや共同データサイエンスに関する深い知識と経験から恩恵を得ることができます。一方データブリックスは、世界25ヶ国に展開するアバナードのグローバルプレゼンスに加え、AzureおよびAzure Databricksプラットフォームにおいて市場をリードするアバナードのクライアントソリューション、機能、統合ノウハウを利用できるようになります。当初は、金融サービス、小売業、製造業を中心にプロジェクトを進めていきます。

両社は2018年から協業しており、先日も世界78ヶ国に16万2000人の従業員を擁するドイツの多角的なグループ企業であるティッセンクルップ社のグローバル配信ネットワークの最適化に協力して取り組みました。その結果、ティッセンクルップ、アバナード、データブリックスは、AIと大量のデータを利用して、ネットワーク構成に基づいたシミュレーションを実行する強力なソリューションである「alfred.simOne」を共同で開発しました。このソリューションは、輸送コストや在庫レベルに関する詳細かつ重要な洞察を提供します。alfred.simOneにより、ティッセンクルップのチームは、シミュレーションの結果を利用して、物流管理においてより的確な意思決定を下せるようになります。

ティッセンクルップでCoEデータ分析およびビジネスインテリジェンス部門の責任者を務めるSebastian Smerat(セバスチャン・スメラット)氏は、次のように述べています。「このプロジェクトに着手したとき、当社は既成概念にとらわれずに新しいものを生み出したいと考え、それを支援してくれるパートナーを探していました。アバナードとデータブリックスは、当社の複雑なニーズにグローバル規模で対応し、当社が求めていたソリューションを共同で開発できる革新性と専門知識を兼ね備えた理想的な企業でした。」

アバナードでグローバルデータ部門のリーダーを務めるLuke Pritchard(ルーク・プリチャード)は、次のように述べています。「従来のアプローチの再考が求められ、ビジネスの回復力が最大限に試されている今、データブリックスと提携することで、当社はデータサイエンスと機械学習をより活用するように顧客企業を支援することができます。また、クライアントは自社データからほぼリアルタイムに近い情報を大規模に抽出することができ、戦略的な方向性を示し、企業全体で、現在の不確実性に対処していくことができるようになります。」

データブリックスでビジネス開発およびパートナー担当シニアバイスプレジデントのMichael Hoff(マイケル・ホフ)氏は、次のように述べています。「現在、組織はクラウドサービスに移行することで近代化を進め、データサイエンスや機械学習の利用を拡大しています。アバナードとのパートナーシップにより、今後は、組織の戦略に合わせて、ビジネス・プロセスおよびエクスペリエンス全体にAIを組み込み、望ましいビジネス成果を達成できる高価値のユースケースを共同開発することで、企業をエンドツーエンドで支援していきます。」

アバナードについて

アバナードは、マイクロソフトのエコシステムにおいて、革新的なデジタルサービスおよびクラウドサービス、ビジネスソリューション、デザイン主体のエクスペリエンスを届けるトッププロバイダーです。当社の擁するプロフェッショナルなスタッフは、テクノロジー、ビジネス、業界の専門知識を組み合わせた大胆かつ新鮮な思考を武器に、顧客とエンドユーザー、さらには従業員との改革と成長を推進しています。アクセンチュアマイクロソフトビジネスグループの一員として、マイクロソフトのプラットフォームを活用し、企業がエンドユーザーとエンゲージし、従業員を力づけ、オペレーションを最適化し、製品の変革を支援するのが私たちの役割です。25ヶ国に38,000名のプロフェッショナルなスタッフを配備。多様性を尊重し、事業を運営するコミュニティを反映した協力的な企業文化を通して、顧客に「ベストシンキング」を提供しています。アクセンチュアが筆頭株主であり、2000年にアクセンチュアとマイクロソフトによって設立されました。詳細については(https://www.avanade.com/ja-jp)をご覧ください。

データブリックス・ジャパンについて

データブリックスは、グローバルで唯一のデータ&AI企業です。Comcast、Condé Nast、Nationwide 、そしてH&M といった数千超の世界のリーディング企業が、データブリックスが提供するオープン、且つ統合されたプラットフォームを活用し、データエンジニアリング、データサイエンス、アナリティクスなどのデータプロジェクトに取り組んでいます。データブリックスは、多くのベンチャーキャピタルから支援を受け、米国サンフランススコに本社を構え、世界中に営業拠点を有しているグローバル企業です。Apache Spark™、Delta Lake、MLflowのクリエーターによって創立され、企業のデータチームが抱える、世界の最も困難な課題を解決するサポートをしています。https://databricks.com/jp/

プレスリリース

アバナード、データブリックスとの新たなグローバルアライアンスにおいてMicrosoft Azureの戦略的パートナーとして指名

ティッセンクルップ社のようなクライアントとの実績に基づいたパートナーシップにより、高度なデータサイエンスとデータエンジニアリングを駆使して企業の業務を最適化する

本件に関する報道関係のお問い合わせ先

株式会社ビーコミ

アバナード 広報担当 担当:加藤・石井
TEL:03-6435-5593 携帯:090-8844-9057  
Email: pr[at]b-comi.co.jp ※[at]は@に替えてご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • LinkedIn

次へ

トレンドやソリューション、お客様の事例など、アバナードの最新情報をご確認ください。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア