Loading...

Microsoft Teams入門

どんな組織にもMicrosoft Teamsは導入できます。

セットアップ

メンバー内でチャットしたり、コンテンツを共有したり、コラボレーションに必要な様々なツールにアクセスできるようにします。

チーム設定におけるヒント

関連するチームがすでに存在していないか確認

チームの一部のメンバーと協働する場合は、新しいチームを作成するのではなく、既存チーム内でそのメンバーだけの新規「チャネル」を作成するか、既存の「チャネル」を選択すると簡単です。そのメンバーだけがアクセスできるデジタル作業空間ができあがります。

チームの構成を事前に計画

サブ・チームやワークストリームに応じてチャネルを追加・整理します。フォルダーとサブフォルダーをあらかじめ構成しておきます。

タブで整理

重要な文書、外部サイト、外部アプリケーションなどにリンクさせるタブを追加して整理できます。

通知をカスタマイズ

重要なプロジェクトに関するメッセージを優先させて、通知の数を減らせます。

ガバナンスプロセスを確立

アクセス、文書、タスクなどの管理にはガバナンスが必要。

Best practices for setting up a team

文書の共有 と共同作業

チーム内でのリアルタイムでの文書の共同作成や編集、ファイルの共有や保存、フィードバックの収集など、すべてを一か所で。

共同作業におけるヒント

クラウドファーストを念頭に

ファイルをMicrosoft Teamsに保存してからリンクを共有。そうすれば自分やメンバーの受信トレイのデータスペースをセーブできます。

バージョン管理から解放される

ファイルのバージョン管理機能とチェックアウト機能で、バージョンやアーカイブの管理から解放されましょう。

Best practices for working on documents together

社外も社内も

組織外の人とも電話会議やビデオ会議可能。相手がMicrosoft Teamsを使用していなくても大丈夫。

社外の人とのコラボレーションに関するヒント

社外の人との通話やオンライン会議

社外の人とビデオ通話や電話会議をしたいなら、通常のTeams通話でその人を追加するだけ。参加はブラウザー経由でもTeamsクライアントからでも可能です。

Guest Accessを設定する

その方の組織もMicrosoft Teamsを使っているなら、Guest Accessが有効になっているかを確認した上で、彼らのTeamsに参加して共同作業が可能に。

電話で会議に参加

Teams会議は電話での参加も可能。

ワークプレース体験

「働く」を包括的にとらえる

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア