Loading...

あなたの組織は、生産性の停滞によって進化が妨げられていますか?

アバナードの調査によると、ビジネス・リーダーの85%が、インテリジェントな自動化を現在実装している、または将来実装しようとしている企業で働いています。今後3年以内に、全体の3分の2がこれを実装することになります。この調査結果から、インテリジェントな自動化の導入は、組織が生産性の停滞を打開し、AIファーストの世界で競争力を維持するために重要であることがわかります。

8か国の経営幹部とIT担当役員800人を対象にした、アバナードが委託した最近の調査では、組織がインテリジェントな自動化を急速に採用していることや、それにより期待されるメリット、インテリジェントな自動化の可能性を活かして個人やプロフェッショナルの能力をかつてないほど高めるためにリーダーは何をするべきかが明らかになっています。

国際的調査をダウンロード

“リーダーは、データから多くの価値を生み出し、日常の反復業務から従業員を解放して、人間の介入を必要とする、あるいは付加価値のある活動(革新など)に注力させることで、インテリジェントな自動化の可能性を認識し、生産性を向上させます。”

Adam Warby アバナード - CEO

注目点:「人間」対「機械」の恐れの要因を乗り越える

アンケート回答者の85%超が、各分野のリーダーになるには、インテリジェントな自動化の導入が不可欠だと考えています。世界のビジネス・リーダーは、メリットとして、生産性の向上(50%)、市場投入時間の短縮(45%)、複雑な作業や革新に多くの労働力を投入できること(43%)、コストの削減(43%)を挙げました。しかし、世界のビジネス・リーダーの多くが、インテリジェントな自動化は職を奪うのではなく、労働力を強化するものであるという楽観的な見方をしている一方、従業員を説得するためにまだやるべきことが残っています。79%ものビジネス・リーダーが、変革に対する社内の抵抗が、インテリジェントな自動化の実装を制限していると考えています。

さらに、アバナードの調査により、AIファーストの世界に備えて、リーダーシップの能力を大幅に変革する必要があることも明らかになりました。調査によると、グローバルなビジネス・リーダーの半数以上が、2022年までには、AIなどの新興テクノロジーを理解することが、営業やマーケティングといった従来の専門性よりも重要になると考えています。

リサーチ
生産性の停滞を打開

インテリジェントな自動化システムは、労働力を変えていきます。貴社とその従業員にはどのような影響をもたらすでしょう?

動画
人工知能(AI)への移行

今日の組織に本当に重要なAIテクノロジーについてご説明します。

その他の調査・研究・洞察

テクノロジー・ビジョン

AIファーストの世界に備える。

倫理観の向上

デジタル世界における新たな優先項目とは何かについて考えます。

プロセス自動化:ビジネス変革の秘訣

プロセス自動化は生産性を向上させるため、従業員はより革新性の高い業務に専念できます。

デジタル・ワークプレイス

デジタルな職場環境を創造し、従業員のエンゲージメントを高め、情報に基づいた行動を促進させましょう。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア