Loading...

高度なアナリティクスは、どう使えるのか

現在、データは膨大にあります。変化に対応する際、高度なアナリティクスをどのように役だてられるでしょう。どの分析技術を、いつ、どのような背景を設定し、さらに、プロセスを自動化させる、としたらこれは簡単なタスクではありません。

データが1%異なるだけで最終損益が年間数百万ドル変化する可能性があります。しかし、高度な分析を導入するには、スピーディーな思考と積極的に試行錯誤する意欲、経営を合理化して業績を改善することや、全く新しいビジネス・モデルを生み出す覚悟が必要です。

アバナードは、高度な分析を活用し、データを整理し、その中から価値のあるデータを発見するサポートをいたします。まず、貴社のデータと既存のビジネス・プロセスを理解し、事業目標や成長計画を把握することから始め、貴社のAIへの取り組みを加速させます。

高度なアナリティクスから、何が得られるのか

予測分析、AI(人工知能)、機械学習(マシンラーニング)、コグニティブコンピューティングを活用して、競争上の優位性を確立し、迅速な意思決定を行い、効率と顧客維持率の向上を図りたいと考えている企業は少なくありません。

しかし、多くの企業は何から手をつければよいか分かっていません。コグニティブコンピューティング、機械学習、AI、ボットの土台は高度なアナリティクスですが、これによりできることとしては次が挙げられます:

  • 利益の拡大 
  • 顧客の理解
  • エクスペリエンスの最適化
  • マーケティングの有効性とROIの向上
  • 新たな収益源の発見
  • 顧客満足度の向上
  • コールセンターでのパーソナライズ改善
  • 物事の予測
  • 従業員定着率の向上
  • 設備の機能停止の減少
  • 不正による損失の最少化
  • 予測の改善

実験的アプローチの採用

AIの学習モデルを確立するには、実験的なプロセスを実施する必要がありますが、アバナードのサポートにより、長期的な投資やコミットメントのプレッシャーを避けながら、テストを実施できます。

アバナードは、データを磨き、データをDXに使える真の資産にします。コグニティブサービスやAzure Databricksなど、業界をリードするマイクロソフトのテクノロジーを活用して、高度なアナリティクスの導入を容易にし、また、データ管理、データガバナンス 、データポリシーを整え、データの潜在能力を最大限に活用できるよう発揮できるようサポートします。

比類なき専門知識 

アバナードは業界をリードするデジタルイノベーターであり、またマイクロソフトのデータおよびアナリティクス 製品のインテグレーターでもあります。

クラウド とマイクロソフトのエコシステムを利用し、複数のデータソースを識別し連携させ、既存システムを統合し、オープンソースのマイクロソフト製コンポーネントを利用して複雑なワークロードを処理し、貴社のビジネス課題を解決へと導きます。

アバナードは、高度なアナリティクスの専門知識を有しています。

  • 世界中に3,500人以上のアナリティクス専門家が在籍
  • データエンジニア1,000人以上
  • 550社以上へのアナリティクスシステム導入実績
  • AI実務者400人
  • コグニティブサービス専門家300人以上
  • オートメーション専門家4,200人以上
  • 350社、6,000件のオートメーション実施実績など
AIリーダーとして必要なもの

Forbes Insights社の調査結果は、データやAIへの取り組みを加速するために経営幹部が採用する考えや行動を明らかにしています。

なぜAIなのか?

企業幹部の85%は、将来成功を収めるために企業のリーダーは人と機械の両方を管理しなければならなくなると考えています。

アナリティクスとAIを見直す

AI(人工知能)に備えるための6つのステップガイド。

IT分野の上位意思決定者はプロセスオートメーションをどう考えているのか?

プロセスオートメーションは、デジタルビジネスの要求に応えるための鍵です。

Next Steps

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア