Loading...

Bonava社において、モダンワークプレース環境を構築

プロジェクトの背景

多くの企業には、同時に1つ、ないしは数個のアプリを、ゆっくりとクラウドに移行する余裕があります。しかしBonava社は違いました。住宅開発業者である親会社がBonava社を別会社化すると決定したことで、同社はすべてのインフラやアプリケーションの移行を、9か月間で行う必要がありました。さらに、新しい環境におけるモビリティやセキュリティ上の課題についても、9か月間で解決しなければなりませんでした。

時間とコストの制約に加え、既存のオンプレミスソリューションは大規模だったため、同社には以前のIT環境を再現する時間がありませんでした。

ソリューション

マイクロソフトのテクノロジーとアバナードによるクラウドトランスフォーメーションを希望していたため、同社はすばやいスタートを切ることができました。アバナードはソリューションとして、Microsoft Enterprise Mobility + Security (EMS)、Office 365、そしてWindows 10 Enterpriseという最新で安全なエンタープライズ商品の導入を提案しました。これによりBonava社は、望んでいたモバイルファーストとクラウドファーストのインフラを手に入れることができました。高価で面倒なVPNを必要とせず、いつでも、どこでも安全なネットワークアクセスが可能となったのです。またこのソリューションは従業員やベンダーとのコラボレーションというビジネス要件も満たしていました。Secure Productive Enterpriseとして認可されたこの3つの製品は、非常に多様で分散したエンタープライズ商品の中で、Bonava社にとって最も信頼できる、安全で生産的な方法を提供しています。

 

「マイクロソフト製品を扱った経験から、マイクロソフト製品は最高のモビリティ、セキュリティ、そしてクラウド・ソリューションを持ち、最も完全なサービスを持っていることを知っていました。そしてアバナードは、このマイクロソフトのテクノロジーに対する深い洞察力とスキルを提供してくれる最高のビジネス・パートナーであると確信していました。アバナードのサービス無しに、私たちがクラウド化を成功させることはできなかったでしょう。」

Patrik Ström氏 Bonava社 CIO

プロジェクトの成果

Bonava社は、クラウド上のIT環境をすばやく再構築することに成功しました。Ström氏は、Bonava社の臨時の求人サイトや、増え続けている支社、スウェーデンのストックホルムに所在する本社、そして、数百のモバイルデバイスを網羅した管理ソリューションが成功の要因の大部分を占めていると述べています。

Lift-and-Shift方式の移行をしたためにクラウドのメリットすべてを受けられない企業もある中、Bonava社は、適切なテクノロジーとサービスプロバイダーを利用したおかげで、IT環境の完全なクラウド移行に成功しました。Bonava社の従業員は、今や、新しいデジタルワークプレースで、効果をあげる新しい方法を手に入れました。以前は大容量のファイル送信を行う場合、変更点をコンパイルし、時間のかかる相互相関チェックを行っていましたが、今ではそのすべてがリアルタイムで実行されます。Ström氏は、「プロジェクトの時間短縮をすべて加算していけば、設計や構築のプロセスを数ヶ月単位で短縮できるかもしれない」と語っています。

クライアント

Bonava社

Bonava社の事例紹介

関連する事例

次のステップ:

お客様やお客様の顧客に価値に合わせて、ソリューションをご提案します。

閉じる
Modal window
Contract
ページをシェア